Blog

キャンドルの使い方

キャンドルの使い方

キャンドルを灯すのは、火を使うので怖いというお声を頂きます
案心してキャンドルを灯す時の注意点をまとめてみました

どこで灯そう?

キャンドルを買ってきました…
可愛くラッピングされていると思います
灯す時はラッピングをすべて取り除いてくださいね

不安定なグラグラとした場所、周囲に熱に弱い物には置かないでくださいね
キャンドルを灯した時に上がる熱によってプラスチックが溶ける危険があります

そして不燃性の少し大きめの受け皿の上でご使用ください




炎が大きいとき

灯している最中に炎が大きいなあ、ススが出ているなあと感じた時はありませんか?

そんな時は1回火を消してください、そして芯の長さを見てみてください
キャンドルの芯が長くなりすぎているで炎が大きくなっています

冷めてから芯を8mm~1㎝位に切ってあげてから
再度火を付けると炎が小さくなってススも出なくなります 

炎が消えそうなとき

炎が小さすぎる、もうすぐ消えそうな程になっている
そんな時はありませんか?

そのような状態の時は蝋が溶けすぎています
気温が暖かいときになりやすいですよ

いちど火を消して、火傷に気を付けながら溜まった液体になった蝋を捨ててください

捨てる??と言われてもピンときませんよね
何にどうやって??となりますよね

そんな時は「アルミホイルでトレイを作って捨ててくださいね」とお伝えしています。

溶けている蝋は熱いので火傷に気を付けながら捨ててくださいね


最後に

燃焼中は本体を動かさず、そばを離れないでください
お出かけするときや、眠る時には必ず火を消してください

炎はとても寂しがり屋です
灯している間は傍にいてあげてください
to top